2019年08月06日 00:05  

広島の旅

こんばんは!
料理大好きフォトグラファーShinoです!

私は今、広島にいます。

明日は、皆さんもご存知だと思いますが、終戦記念日ですね。

8月6日の「平和記念式典」に出るため、広島を訪れました。

式典に出るのは、実は初めてです。

なぜ、式典に出ようと思ったのか・・・・。
それには理由があります。

私の父の母親である、私の祖母は広島に原爆が落ちた日、そこにいました。

広島は祖母の実家があり、親戚もたくさんいたそうです。

詳しいことはわかりませんが、大きな建物の影に隠れていたおかげで、被曝はしたものの、その際に大きな火傷や後遺症も負わず、
去年の2月になくなるまで大往生を遂げました。

99歳でした。

怪我がなかったにしろ、被曝していることは事実です。
その時、父の姉である、私にとっては叔母を身籠っていたと聞いています。

それから叔母・叔父・父を産み、育ててくれたことに心から感謝をしています。

おばあちゃん、ありがとう✨



私は、高校の修学旅行で広島を訪れています。
しかし、その時は原爆ドームや博物館には怖くて足を踏み入れることができませんでした。

広島に来たのは、今日が3度目ですが・・・・未だにきちんと向き合えていません。

祖母は、とても優しくて、可愛らしくて、手先の器用な人でした。
絵もとても上手でした。

大好きだった祖母ですが、私が高校生の頃から認知症が始まり、私のことは従姉妹の中でもかなり早くわからなくなってしまいました。
それがショックで悲しくて、私は祖母に会いに行くのをやめてしまいました。

元々、戦争の話は聞いても答えてくれなかったので、本人からほとんど話を聞くことができませんでした。

今になって、もっと真剣に話を聞けばよかったと思っています。
ですが、それはもう叶いません。

なんの知識もない私ですが、それでも私にとって・・・・私たち家族にとって、「広島」という地は特別で、「原爆」に関連するキーワードには、胸がしめつけられるものを感じます。

5年ほど前から、弟がいち早く「広島」へ行くことの必要性を感じ、毎年この式典に合わせて足を運んでくれていました。

私はどこか、人事で一度も参加したことがありませんでした。

去年の7月、父が突然倒れて、今も入院中です。
去年の8月も私は仕事が休めず。母と弟だけで行ってくれました。

今年は、私も何があっても行こう!と決めていました。
父のこともあり、母は残ってくれました。

二人の分まで、天国の祖母の分まで、明日は私と弟で「広島」と向き合ってこようと思います。

こんな機会をくださった全ての流れに感謝します✨


お問合せはラインから
お友達登録はこちら! 友だち追加

Posted by kuroNICOcamera │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。